ホーム旧石器文化談話会カレンダー 新刊案内資料室リンク

木村剛朗さん追悼論集『考古学の源流』

木村剛朗さん追悼論集刊行会(制作協力 晴耕雨讀社)

高知を代表する考古学者、木村剛朗さんの追悼論集が完成しました。本書には追悼論文 20 編と追悼文14 編のほか、生前に木村さんが作成した未公開の石器約370 点のデータも掲載しています。

■ 2009年8月31日発刊 ■

【体裁】 B5判・316頁

【本書構成】
(序文)
木村剛朗君よ! 満塩 大洸
第1部 追悼論文
「和口遺跡採集の瀬戸内技法関係資料をめぐって」 有本 雅己
「殿山遺跡出土の切出形石器」 西井 幸雄
「吉野川北岸域先土器時代遺跡の在地石材」 氏家 敏之
「石製遺物集中部の形成過程を復元する」 絹川 一徳
「愛媛県の高山寺式土器」 兵頭 勲
「縄文時代前期西川津式土器の実年代」 遠部 慎
「中津式の9 細分案と福田K2 式の成立」 柳澤 清一
「縄文後期「平城式土器」の型式学的射程」 犬飼 徹夫
「徳島県吉野川流域にみる縄文時代後期社会の小地域性」 幸泉 満夫
「指宿式土器における鉢形土器成立の背景について」 黒川 忠広
「南四国における縄文時代石器群の特質」 山崎 真治
「東四国の姫島産黒曜石」 高島 芳弘
「大宮・宮崎遺跡群の縄文人」 丹羽 佑一
「文様の伝達・変形について」 千葉 豊
「弥生時代の鉤状文と中国北方青銅器文化」 宮本 一夫
「土佐の陶硯」 廣田 佳久
「土佐における初期花崗岩製層塔」 十亀 幸雄
「江戸時代の土管」 高橋 信武
「中谷治宇二郎の反型式学」 西脇 対名夫
「考古学への第四紀地質環境学からの貢献」 満塩 大洸
第2部 木村剛朗さんとの思い出
有本昭子 小野秀幸 佐藤良二 澤下孝信 冨井眞
名本二六雄 西本則夫 濱田薫 前迫亮一 松田知彦
満塩大洸 森田尚宏 山口将仁 山本哲也
*以上の皆様から追悼文をいただきました。
第3部 木村剛朗さんの遺稿
「木村遺稿集成」 木村剛朗さん追悼論集刊行会
木村剛朗さんが保管していた未公開図面を掲載しました。主に旧石器時代遺跡の和口遺跡に関するものです。
第4部 木村剛朗さんの足跡
「木村剛朗さんの足跡」 木村剛朗さん追悼論集刊行会
木村さんの著作リストと、思い出の写真を綴りました。